もはや常識?デザインはCSSにおまかせ!

htmlのみでのデザインは限界

スマートフォンやパソコンの普及により多くの人がインターネットを使いウェブページを見るようになりましたが、そのウェブページも進化し続けています。多くの人にとって見やすいよう、高度な技術が使われるようになっています。ホームページはhtmlという言語によって作られ、htmlはとても覚えやすいのでよくプログラミングの入門に勉強されます。しかしhtmlでできることには限界があり、見やすいホームページを作るにはhtmlだけでなく、ほかの言語を取り入れる必要があります。
デザインをカスタマイズする言語で代表的なものはCSSで、ほとんどのホームページが利用しています。そのcssについて詳しく説明していこうと思います。

css利用でウェブページを見やすく

cssはウェブページを見やすくしてくれます。まず、細かい部分の色を指定することができます。文字だけでなく、余白にも色を付けることができ、その大きさを決められので、色分けされて見やすいページを作ることができます。また、形も変えることができ、角を丸くすることで多くの人に良い印象を与えてくれます。さらに配置を変えることができ、画面の大きさごとに違う内容を表示できるため、スマホ対応ページを作る時にも使われます。
cssはパターンが決まっているため、使い方はすぐに覚えられます。インターネット上の情報をコピペするだけでもかなり見やすくなるのでhtmlのみでウェブページを作成していた人はぜひ使ってみてください。